メニューデザイン研究所 -Menu Design Labo-

お店の売上に貢献する本物のメニューを。

お客様の声

メニューブックはブランディングツール、お店の格を上げます。【TAISHI-CO.株式会社様】

メニューブックはブランディングツール、お店の格を上げます。【TAISHI-CO.株式会社様】

会社名/店舗名:TAISHI-CO.株式会社
役職:代表
名前:山本 真三 様

イベリコ豚の中でも最高級のハブーゴ産ベジョータを使用して本物のイベリコ豚の味を広めるために心斎橋店、六本木店を中心にイベリコ屋を展開。

Q1.メニューデザイン研究所に発注した理由、決め手はなんですか?

きっかけは知人のカメラマンからの紹介でした。紹介自体は珍しいことではありませんが、その知人がたまたま持っていた他店のメニューブックに釘付けになりました。今までに見たことのないストーリー仕立ての内容は、メニューデザイン研究所さんの名を知るにふさわしい一冊でした。

またその後に訪れたショールームが決め手でした。あらゆる業態のメニューを見ることができるので、事前の作成イメージがしやすかったです。形状もその場で決めることができました。豊富な実績からトレンドや傾向を知ることができるのはとてもありがたかったです。

TAISHI-CO.株式会社

 

Q2.メニューとはお店にとってどのようなものでしょうか?

お店のこだわりを一番に伝えられるのがメニューブックだと考えています。私たちはイベリコ豚の最高ランク「レアル・ベジョータ(真の最高峰)」種を提供していますが、『本物のイベリコ豚を提供するお店だからこそ、価値を正しく伝えたい。』という思いがあります。メニューブックにはそのような想いを伝えることができる重要なツールです。

TAISHI-CO.株式会社

 

Q3.弊社の営業プランナーは如何でしたでしょうか?

良い物を作りたいという意識がプランナーさんを始め、デザイナーさんからも感じることができました。初めての取り組みでしたが、一緒になって作り上げていける安心感もありました。

TAISHI-CO.株式会社

 

Q4. 納品後のメニューの反響を教えてください。(課題解決ができているか?)

メニューを切り替えるに当たり、コースの値上げを検討していましたが、自分たちの商品価値を見直すことで値上げも適性であるように思いました。実際に導入後もお客様からのクレームは一切ありません。むしろ新しくなったメニューに対してお褒めの言葉を頂いています。特に常連さんからの反応が良いことから、分かりやすいメニューになったことも言えるのではないでしょうか。イベリコ屋のイベリコ豚が本当に価値あるものだということをお客さんの反響から感じています。次回はどんなメニューにしようか、今から楽しみです。