メニューデザイン研究所 -Menu Design Labo-

お店の売上に貢献する本物のメニューを。

お客様の声

店の顔でもあるメニューブックを信頼を持ってお願いできる会社です。【株式会社RETOWN様】

店の顔でもあるメニューブックを信頼を持ってお願いできる会社です。【株式会社RETOWN様】

株式会社RETOWN
代表取締役
松本 篤 様

関西を中心に「炭火焼鳥ちんどん」をはじめ、焼肉・洋食・カフェなど15業態・50店舗以上を展開中。

http://www.retown.co.jp/

御社にとってメニューブックの重要性とは?

もともとメニューブックの存在は非常に大事なものと思っていましたが、正直今までは中々力を入れることができずにいました。焦ってメニューの外見だけ良くしても意味がないので、まずはメニューに伴う商品開発に力を注いできました。ここ1・2年でようやく納得のいく商品提供が可能になってきたかと感じられるようになりましたので次のステップとしてメニューブックを本格的に作りこんで行ける体制が整ったと思っています。

内部制作していますか?

以前は内部制作していました。しかし、同じ人間が作るとどうしても同じようなメニューになってしまうのかなというのが実際にやってみての感想です。特に弊社のような他業態で展開していると、一人のデザイナーで業態ごとのコンセプトに合わせてデザインすることは限界があるのではないでしょうか。もちろん内部制作だと制作スピードが早いというか、刻々と変化していく状況に素早く対応することができるのがメリットですが、外部制作の方がクオリティはもちろん良いですし、こちらの望むスピード感に対応いただけるようでしたら外部に委託したほうが良いかと僕は思います。

ウイングッドにメニュー制作を依頼した理由は?

なんといっても飲食店に特化されていますので経験も豊富ですし、成功事例をたくさん持っておられるのが一番の魅力です。また多くのクライアントさんからの支持が厚いのもポイントですね。やはりお店の顔でもあるメニューブックの制作をお願いするのですから、信頼できるところでないとなかなか頼めないですね。

納品したメニューでその後如何ですか?

見せ方を強調した(売りたい)商品は確実に出数が増えていると思います。もちろんこれは大事なことですが、FC本部の機能も果たしている弊社としては、FC加盟店のリアクションがすごく良い事もかなり重要なポイントです。一般的なフランチャイザーとは違い、弊社の場合はSVが付いていません。FC本部の取り組みの成果を知ることができるツールとしてメニューブックは一番わかりやすいツールであり、非常に重要な役割を果たしています。メニューブックを整えることでFC加盟店さんとの信頼関係や評価は目に見えて良くなったと実感しています。