メニューデザイン研究所 -Menu Design Labo-

お店の売上に貢献する本物のメニューを作成します。

メニューデザイン研究所が選ばれる理由

1ご繁栄に貢献するメニューデザイン

選ばれる理由

3つの検証方法で課題を抽出し、成果のゴールを共有します。
成長させる方向により検証方法も手法が変わってきます。その為ゴールを設定する際には3つの検証方法を用いています。数字からの検証や現場の意見を吸い上げる内的検証の他に、お客様視点の検証が可能な「ミステリーショッパー」のモニター調査を取り入れて外的な検証を行っております。

狙いに向けてメニューを改善し、成長を促します。

メニューデザインのスケジュール

成長を行う上においては「PDCAサイクル」と呼ばれる業務改善を継続的行う手法で、まずは現状を様々な視点で検証し問題を洗い出します。そうする事で双方でゴールを共有し、計画的なメニューの成長を実現していく事が可能です。

12年間で制作実績は10,000店舗以上

10000店舗以上の中に同じ店はなし。店舗の数だけメニューのデザインがある。
私たちは、これまでにそれぞれのクライアント毎のニーズに応えて来ました。そのニーズには、様々なものがあり、また応えてきたニーズの数だけ、私たちにはノウハウとしての蓄積してまいりました。

実績により得られたノウハウを飲食店メニューデザイン研究所では独自の活用方法で活かしています。

3見て、触って実感するメニューショールーム

ショールーム

立体物であるメニューは実際に手に取って頂かないと、その良さや特徴は伝わりません。ショールームでは様々な加工方法やデザインのメニューを展示しておりますので、ご来社いただいたお客様にはメニューブックの仕上がり見本として手に取ってご覧頂けます。現物を見ながらお打ち合わせする事により、貴店のイメージをより具体化できますので、余計なストレスを省けるメリットがございます。また、本社にはキッチンスタジオも完備しておりますので、オープン前や改装時のメニューづくりで生じるお悩みも解消致します。

4プロフェッショナルを育てる社内資格制度

社内資格制度
メニューデザイン研究所では社内資格制度を設けており、全てのスタッフに対してメニューブック制作におけるスキルランクを設けています。各スキルランクには各部署毎に必達するべき項目があり、各自が日常の業務に課題を持って取り組んでおります。
各自のスキルアップにはこれまでに蓄積したノウハウを基にして作成されたデザインマニュアルを活用しつつ、上位スキルのスタッフがOJTを行いスキルの底上げを行っております。

社内資格制度

社内メニューコンテスト
年に2回各部署内でメニューブックを追求する為の社内コンテストを行っています。普段の業務ではできない斬新なメニューブックデザインや、お客様のご繁盛に貢献したビフォーアフターを共有する等、各々の個性を磨く取り組みを行っております。

メニューコンテスト